【オラたちの昭和】豊後高田、昭和の町でポストカード販売開始!旅の記念にいかがですか?

本日は、昔懐かしの昭和の風景をテーマにした【オラたちの昭和シリーズ】の絵ハガキ(ポストカード)を豊後高田、昭和の町の館長、小宮裕宣さんのご好意でお土産コーナーに置かせていただくことになりましたのでそちらのご案内と、豊後高田、昭和の町についてのご紹介をさせていただきます。

お土産や記念になると思いますので、もし昭和の町に観光でお立ち寄りの際は、手に取ってみてくださいね。

【オラたちの昭和シリーズ】の絵ハガキ

インターネットでの購入はこちら
※昭和の町のバスガールのポストカードは現地販売分のみ同封されています。

豊後高田、昭和の町の魅力とは?

(引用元:https://www.showanomachi.com/special/syowa.html

昭和の町は、大分県北部の国東半島の北西部に位置する豊後高田市の観光名所、西は宇佐市、東は国東市、南は杵築市と接し豊かな自然と温暖で過ごしやすい瀬戸内式気候に属しています。

豊後高田市の中心商店街は国東半島で一番栄えた町でしたがだんだんと時代の波に取り残され、多くの商店街と同じく寂しい町になっていました。

そこで、商店街が元気だった最後の時代、あの昭和30年代の元気、活気を蘇らせようと平成13年に立ち上げたのが「昭和の町」です。

当初は7店舗からスタートしたお店も現在は40店舗、年間40万人もの来訪者を迎える商店街となっています。昭和の町は、古き良き時代を知り、触れることができる町です。きっと心に残る何かに出会えるでしょう。

昭和のテーマパーク「ロマン蔵」

昭和の町のテーマパーク「昭和ロマン蔵」はオート三輪車『ミゼット』や木製の机やチョークで描く黒板のある教室、当時使われていた電化製品などがなつかしい昭和の雰囲気が再現されている『昭和のテーマパーク』です。

 

昭和時代の懐かしい車がたくさんあります。

何とも言えない昭和の雰囲気が満載の教室、何だか落ち着きますよね。

 

これぞ、ザ・昭和という感じですね。運転席にも乗せてもらえました。う~んレトロ!

 

昭和ロマン蔵は、大きく分けると、北蔵、東蔵、南蔵に分かれています。

無料でも、なつかしい昭和の雰囲気を楽しむことができますが、チケットを購入すれば、館長のコレクションが所狭しとならぶ「駄菓子屋の夢博物館」やまるで「ALL WAYS三丁目の夕日」の世界の昭和の夢町三丁目館、チームラボギャラリー昭和の町も楽しむことができます。

 

館長のコレクションが所狭しとならぶ「駄菓子屋の夢博物館」

まるで「ALL WAYS三丁目の夕日」の世界の昭和の夢町三丁目館

チームラボギャラリー昭和の町

チケットは2種類、2館共通券と3館共通券です。チームラボボキャラリーまで体験したければ3館共通券が必要です。

 

昭和の町の楽しみ方、事前準備をしっかり行えば楽しさ3倍!!

 

昭和の町の事前準備1:ご案内制度を利用しよう。

昭和の町は、普通に行くだけでも楽しめますが、ご案内制度を使えば楽しさアップ!

「昭和の町」の歴史や一店一品、一店一宝、昭和の商人の話など楽しいエピソードを聞きながら案内人と一緒に歩くことで、町の魅力がぐんとアップします。

6人の案内人の中から誰にあたるかはお楽しみ

ご案内人制度の利用には、ご案内美の10日前までの予約が必要です。
(一団体につき2,000円(案内人1人・約60分))
期日が近い場合はお電話にて確認しましょう。

観光予約申込ダウンロードはこちら

 

昭和の町の事前準備2:昭和の町 ボンネットバス「昭和ロマン号」でつかの間の時間旅行

昭和の町で今も元気よく週末周遊している、ボンネットバス「いすゞBX141」。

昭和の町では、土日を中心に昭和32年式のボンネットバス「昭和ロマン号」に乗って、土日を中心に昭和の町ミニ周遊コース(約15分)を楽しめます。

事前に運航予定を調べておくことでつかの間の時間旅行を楽しむことができます。

運航予定は豊後高田市公式観光サイトをご確認ください。

豊後高田市公式観光サイト

昭和の町の事前準備3:最先端の「超小型モビリティ」で恋叶ロードまでデート

豊後高田市の海岸線を走る国道213号沿いには“恋がかなう道”「恋叶(こいかな)ロード」という「縁結びの神様・粟嶋社」や、「夕陽の絶景スポット・真玉海岸」、「花とアートの岬・長崎鼻」など、ロマンティックなスポットを結ぶ約20kmのルートがあります。

恋はここから―「恋叶ロード」

昭和の町で、「昭和ロマン蔵」か「チームラボギャラリー真玉海岸」入館券を購入すれば、

なんと!この二人乗り超小型モビリティが無料でご乗車になれます!

こちらも空いていれば乗れますが、予約が優先です。意中の人との距離をもっと縮めたいなら事前準備をしておきましょう。

コース設定と、貸出時間割はこちら

「昭和の町」起点のコースと、「チームラボギャラリー真玉海岸」起点の2つのコースが用意されています。

昭和の町の事前準備4:総延長550mの商店街でお宝散策、一軒一軒を訪ねてみよう


雰囲気のあるカフェバー

えっ!ドラえもんの空き地??

人気のお肉屋さんでコロッケ目当ての行列

 

昭和の町に隣接する商店街は、総延長550mの通りになっていて、その通り沿いに点々と立ち並ぶ”昭和の店”があります。

呉服店や金物店、電気商会、薬屋、雑貨屋、お肉屋、テント屋、カフェ、食堂、温泉座など昭和の趣がそのままのお店が立ち並んでいます。

ですが何も調べないでいくとどこに行っていいのかわからないので、
「昭和の町」散策に便利なマップを事前にダウンロードしておくとどこに行こうかと見ながら楽しむことができますよ。

散策マップダウンロードはこちら

昭和の町の事前準備5:昭和の町を堪能したら温泉でゆっくり宿泊もOK

昭和の町で、なつかしい空気を堪能したあとは、ゆっくり温泉でも入って帰りたいものです。
それなら周辺でゆっくりできる温泉を調べておきましょう。

豊後高田には、桧の香りと自然を満喫しながら、ゆったりと温泉を楽しめる旅庵 蕗薹(ふきのとう)や金気を含んだ独特の香りを持つしょっぱいお湯の海門温泉(かいもんおんせん)、など~22:00まで入浴できる立寄り湯もあります。

旅の疲れをゆっくり温泉で癒して帰るのもよし、一泊して美味しい料理を食べてもいいですね。

豊後高田の温泉案内はこちら

豊後高田、昭和の町の交通アクセス

車でアクセス

大分方面より
国道10号を北九州方面へ、宇佐市岩崎交差点を右折、国道213号に入り車で約10分。
北九州方面より
国道10号を大分方面へ、宇佐市岩崎交差点を左折、国道213号に入り車で約10分。
院内IC・安心院方面より
国道387号を宇佐方面へ、宇佐市法鏡寺交差点を右折、国道10号を大分方面へ、宇佐市岩崎交差点を左折、国道213号に入り車で約10分。
(北九州・中津方面からお越しの際は院内ICで降りることが出来ません)

大分空港からのアクセス

大分交通 エアライナー
大分空港→豊後高田バスターミナル(昭和の町)【約45分】
片道運賃:大人1,400円、小人700円

電車でのアクセス

博多駅より
鹿児島本線・日豊本線→宇佐駅 【約1時間40分(特急利用)】
小倉駅より
日豊本線→宇佐駅 【約50分(特急利用)】
大分駅より
日豊本線→宇佐駅 【約40分(特急利用)】

町あるきが楽しい!豊後高田、昭和の町へいざ出発!


昭和の町は商店街を散策するとお宝がいっぱいだし、食べ歩きできるコロッケやスイーツもめじろおしです。町あるきが楽しいし、週末を中心にボンネットバスも走っていて、ワクワクするし、昭和のテーマパーク『昭和ロマン蔵』には展示もたくさんあります。

事前準備をしておけば楽しさも3倍、週末は家族で豊後高田、昭和の町に行ってみよう。

「オラたちの昭和」販売中、ぜひお土産や記念に♪

冒頭にも紹介させていただきましたが、駄菓子屋の夢博物館にて「オラたちの昭和」販売中です。

昭和の町のシンボルのボンネットバス、バスガールのハガキも入っているのでぜひ手に取ってみて下さいね。